交通事故への取組

交通事故宮城県内の平成27年の交通事故の発生件数は8,624件となっており、日々多くの交通事故が発生しています。

実は、弁護士自身、交通事故の被害者となったことがあり、これが交通事故の被害者の立場から不安や疑問を考えるきっかけとなりました。

被害者の目的・希望は、(1)怪我が治ること、(2)適切な補償を受けることです。しかし、治療により回復傾向にあるのに保険会社から「治療費の支払いを打ち切られ」、やむなく通院を止められた方や、保険会社内部の「任意基準」と呼ばれる不十分な補償で示談をされている方が大勢いらっしゃいます。

その背景として、加害者側は保険会社という交通事故の「プロ」が対応する一方、救済されるべき被害者は一人で対応しなければならないことがあります。これは非常におかしな構造です。交通事故の解決には、高度な専門的知識が必要ですが、被害者の多くは交通事故が初めての経験であり、不安を抱えながら、保険会社に対応することは困難です。

被害者の救済のお役に立ちたい当事務所では、「被害者の救済のお役に立ちたい」との想いから、交通事故の案件に取り組んでおります。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・ご相談

友だち追加

連絡先 お問い合わせフォーム