法律相談Q&A

Q.相談料無料ってどこまでが無料なの?
A.新規のご相談の方で、相談時間は30分となります。

Q.民事法律扶助って何?
A.現在、東日本大震災被災者特例法によって、平成23年3月11日時に、宮城・岩手・山形にお住まいの方は、法テラス契約弁護士の相談について、相談料が法テラスから支給されることになっています。ただし、同じ相談は合計3回までと制限があります。

Q.交通事故(被害者側)、相続遺言、任意後見、労働問題、借金についての相談は制限なく無料なの?
A.これらは、当事務所へのご相談が初めてであれば、無料相談が利用できます。

Q.30分を超えた場合はどうなるの?
A.多少のオーバーは大丈夫です。無料の範囲が終了する際には弁護士からお伝えします。

Q.電話で相談したいのですが...?
A.現在、お電話での法律相談は顧問先か既にご依頼中の方を除いては対応しておりません。電話でのやり取りの場合、概要や問題点の把握、書類の確認が困難なため、誤解が生じたり、適切な回答に支障をきたす可能性があり、結果として相談者の方に不利益となるおそれがあるからです。ご理解いただきますようお願いいたします。

Q.相談に行きたいけど、契約を押し付けられないか不安です。
A.当事務所の方針として、営業活動はいたしません。弁護士業務はクライアント(依頼者)と弁護士との二人三脚で問題を解決します。無理に依頼いただいたら、信頼関係の構築が難しく、弁護士・クライアント双方にとって不幸な結果となるからです。仮に本当に弁護士に依頼したほうが良い場合には、その旨をお伝えして、よく考えてきてください、とお伝えしています。

Q.一般的な相談の流れを知りたいです。
A.下記を参照ください。

(1)受付票にご記入ください
お客様の情報は守秘義務の対象となりますのでご安心ください。被災者向け無料相談の場合、独立行政法人日本司法支援センターの震災援助相談を利用して頂きます。

(2)弁護士が相談室に入室します
ここから法律相談がスタートとなります。

(3)ご相談内容をお話しください(10-15分)
まず、皆様のお話をおうかがいます。資料等があればご持参いただき、説明の際にお示しください。必要に応じて、弁護士からも確認・質問させていただきます。

(4)弁護士の回答(10-15分)
ご相談内容を前提とした見通しや問題点、解決策を、可能な範囲でお伝えします。ご希望があれば、弁護士費用の御見積りをいたします。

(5)質疑応答(5分)
弁護士の回答の中で疑問点があれば、お申し付けください。ご依頼を検討の場合、弁護士にお伝えください。料金や委任契約の内容についてご説明します。

(6)終了
初回の法律相談は終了となります。2回目以降のご相談をご希望の場合は、その場でお伝えいただくか後日ご連絡ください。

※ご注意点
事案が複雑又は高度、不明な部分が多い場合などは30分で相談・回答まで終わらせるのが難しい場合がございます。相談が30分を超える部分について相談料が追加で必要か否かは弁護士から事前にお伝えいたします。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・ご相談

友だち追加

連絡先 お問い合わせフォーム