交通事故・解決実績一覧

死亡

80代、女性、死亡
賠償額当初1658万円(弁護士介入後)
→解決額2800万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>2850万円
詳細はこちら
等級死亡
過失割合当方0:相手方100
交通事故形態歩行中、車にはねられた
ポイントご高齢のお一人暮らしのため、主な争点は死亡による慰謝料の評価額であり、交渉により大幅な増額となった。

2級

80代、女性、腓骨骨折、記憶障害等
賠償額当初0円(弁護士介入後)
→解決額1000万円(仲裁)
<既受領額を含めた総賠償額>3260万円
詳細はこちら
等級2級1号
過失割合当方40:相手方60当方35:相手方65
交通事故形態自転車で道路を横断中、直進自動車に衝突された
ポイント相手保険会社は被害者の過失や将来介護費用を不利に算定し、治療費及び自賠責からの支給(約2000万)後の支払いは0円との提示に固執したため、示談斡旋を利用し、追加で1000万円の支払に応じさせることができた。

70代、女性、頭部外傷等
賠償額当初2600万円(弁護士介入前)
→解決額4000万円(仲裁)
<既受領額を含めた総賠償額>4080万円
詳細はこちら
等級2級1号
過失割合当方30:相手方70当方25:相手方75
交通事故形態歩いて道路を横断中に(横断歩道なし)、車にはねられた
ポイント慰謝料と将来介護費が大幅に増額できたほか、過失割合も修正要素の適用が認められた。賠償額は高額であるが、受任から4か月と早期に解決できた。

6級

60代、女性、頭部外傷外傷による高次脳障害
賠償額当初提示なし(通院中から依頼)
→解決額3700万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>3900万円
詳細はこちら
等級併合6級
過失割合当方0:相手方100
交通事故形態駐車場を歩行中に、車にはねられた
ポイント通院中から受任し、通院の内容や通院終了(症状固定)時期等について適宜アドバイスを行い、被害に即した適切な後遺障害の認定を得ることができた。

8級

50代、女性、腰椎骨折による変形、外貌醜状、精神障害等
賠償額当初提示なし
→解決額2800万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>3000万円
詳細はこちら
等級併合10級⇒併合8級
過失割合当方0:相手方100
交通事故形態歩行中に、逆走してきた車にはねられる
ポイント事前認定では、精神障害を否定されたが、事故の衝撃や事故直後の医療・看護記録を分析・立証したうえで、紛争処理機構に申請し、後遺障害併合9級の認定を受けることができた。労働能力喪失については類似の裁判例等を基に交渉した結果、相当の金額で合意ができた。

60代、男性、圧迫骨折後の脊柱変形
賠償額当初920万円(弁護士介入前)
→解決額1200万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>1350万円
詳細はこちら
等級8級
過失割合当方0:相手方100
交通事故形態駐車場で車の後退に巻き込まれた
ポイント事故時無職であり、全く考慮されていなかった逸失利益について、資料が少ない中、関係先に照会をかけるなどして、一定額の基礎収入が認められ、増額につながった。

10級

50代、男性、下肢骨折による機能障害
賠償額当初760万円(弁護士介入前)
→解決額1160万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>2400万円
詳細はこちら
等級10級
過失割合当方0:相手方100
交通事故形態優先道路を走行し、交差点に進入したところ、右方から進入してきた車に衝突された。
ポイント主に後遺障害にかかる損害(慰謝料、逸失利益)が大幅に増額した。ご依頼から2ヶ月程度で解決することができた。

30代、男性、上肢粉砕骨折に伴う機能障害等
賠償額当初1460万円(弁護士介入前)
→解決額2360万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>3550万円
詳細はこちら
等級10級
過失割合当方0:相手方100
交通事故形態自転車で走行中、トラックにはねられた。
ポイント障害慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益が低額であったため、交渉により大幅に増額した。被害者は事故直前に就業したばかりであったが、逸失利益の基となる「基礎収入」について、交渉により平均給与を前提とできたため大幅な増額となった。また、受任から4カ月と早期解決ができた。

50代、男性、頚椎及び肋骨骨折等
賠償額当初400万円(弁護士介入前)
→解決額1200万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>1800万円
詳細はこちら
等級併合12級⇒併合10級
過失割合当方0:相手方100
交通事故形態前方のトラックから荷物が崩れて、車ごと下敷きとなった。
ポイント画像鑑定を依頼し、刑事記録を取り寄せるなどしたうえで異議申立を行った結果、骨折部位が局部神経症状から変形障害と認定が見直された。それに伴い、賠償額も大きく増額することができた。

40代、女性、歯牙欠損及び椎体骨折による脊柱変形
賠償額当初676万円(弁護士介入後)
→解決額1200万円(仲裁)
<既受領額を含めた総賠償額>1300万円
詳細はこちら
等級併合10級
過失割合当方10:相手方90
交通事故形態T字路における出会い頭の衝突(被害者は優先道路を走行)
ポイント既存傷害や労働能力喪失の点から開きが大きかったために、示談斡旋を申立て、大幅な増額で和解することができた。なお、通院先の病院からなぜかカルテ等の開示を拒否されたが、粘り強く説得して、開示をうけることができた。

11級

60代、女性、鎖骨骨折による変形、機能障害
賠償額当初提示なし(通院中から依頼)
→解決額1270万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>1320万円
詳細はこちら
等級併合11級
過失割合当方10:相手方90
交通事故形態優先道路を走行し、交差点に進入したところ、右方から進入してきた車に衝突された。
ポイント通院中から受任し、通院の内容や通院終了(症状固定)時期等について適宜アドバイスを行い、適切な後遺障害認定を得たうえで、慰謝料や主婦休損について裁判基準を前提とした金額での示談をすることができた。なお、通院先の病院がなかなか後遺障害診断書を書いてくれなかったが、粘り強く依頼をし続けたことで無事作成してもらうことができた。

60代、女性、上肢骨折による変形、機能障害
賠償額当初提示なし(通院中から依頼)
→解決額1380万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>1560万円
詳細はこちら
等級併合11級
過失割合当方10:相手方90
交通事故形態被害者が優先道路を走行中の、T字路における出会い頭の衝突。
ポイント通院中から受任し、通院の内容や通院終了(症状固定)時期等について適宜アドバイスを行った。また、当初後遺障害診断書の記載が不十分であったため、病院に追記を依頼した。その結果、適切な後遺障害の認定を得ることができ、慰謝料や主婦休損について裁判基準を前提とした金額での示談をすることができた。医師は後遺障害診断書の作成に慣れていないこともあるため、注意が必要である。

12級

70代、女性、大腿骨骨折に伴う機能障害等
賠償額当初350万円
→解決額790万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>970万円
詳細はこちら
等級12級
過失割合当方0:相手方100
交通事故形態横断歩道を歩行中に、車にはねられた。
ポイント障害慰謝料、休業損害、後遺障害による損害を増額することができた。特に、通院期間について争いがあったが、医学の資料等も精査し、受任前から延長することで合意ができた。受任から4ヶ月での早期解決となった。

50代、男性、上肢骨折による神経症状等
賠償額当初提示なし(通院中から依頼)
→解決額1300万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>1550万円
詳細はこちら
等級12級
過失割合当方15:相手方85
交通事故形態バイクで交差点に直進進入したところ、右折してきた車にはねられた。
ポイント被害者は特殊な分野の自営業であったことから、休業損害及び逸失利益について争点となったが、業務の実態を丁寧に聞き取りし、文章化し、資料とともに相手に説明することで、相手と共通認識を持つことができた。それを踏まえ、示談において適切な賠償額で合意することができた。

40代、男性、右腕開放骨折後の機能障害等
賠償額当初提示なし(通院中から依頼)
→解決額1200万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>1500万円
詳細はこちら
等級12級
過失割合当方15:相手方85
交通事故形態バイクで直進中、右折していた相手車両と衝突。
ポイント人身傷害保険の利用により本来過失で引かれる分も受給することができた。本人の職業からすれば、喪失期間、喪失率は基準以上の請求も考えられたが、早期解決を優先し、通常の基準で示談した。

10代、男性、頬骨等骨折による外貌醜状等
賠償額当初260万円
→解決額450万円(仲裁)
<既受領額を含めた総賠償額>680万円
詳細はこちら
等級12級
過失割合当方10:相手方90
交通事故形態バイクで直進、右折していた相手車両と衝突
ポイント相手損保は通院頻度の少なさと、逸失利益0を主に主張してきたため、早期に斡旋を申し立て、斡旋人の理解を得ながら、通院慰謝料の増額及び逸失利益に相当する額を後遺障害慰謝料に加算することで合意ができた。受任から約2か月での早期解決ができた。

40代、男性、関節脱臼による変形障害
賠償額当初提示なし
→解決額720万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>900万円
詳細はこちら
等級12級
過失割合当方20:相手方80
交通事故形態バイクで走行中に進路変更してきた車と接触して転倒
ポイント主な争点は、休業損害の算定方法と逸失利益の労働能力喪失期間の2点であったところ、休業算定については当方に有利な算定を前提とし、労働能力喪失期間については双方の主張の間の中で合意が成立し、受任から約1ヶ月で解決ができた。

14級

60代、女性、頚椎捻挫等
賠償額当初提示なし
→解決額340万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>440万円
詳細はこちら
等級非該当⇒併合14級
過失割合当方0:相手方100
交通事故形態横断歩道を歩行中に、車にはねられた。
ポイント事前認定では非該当であったが、痛みが引かず、異議申立をするのであれば専門家の支援が必要と考え、弊所に相談。見通しは厳しかったが、できる限りの準備(カルテや画像の分析、追加検査等)をして被害者請求をした結果、併合14級の認定を受けることができた。その後の賠償交渉でも裁判基準を前提とした内容で示談ができた。

30代、女性、頚椎捻挫等
賠償額当初提示なし
→解決額325万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>410万円
詳細はこちら
等級非該当⇒14級
過失割合当方0:相手方100
交通事故形態乗車中に後方からダンプカーに追突された。
ポイント事前認定では非該当であったが、画像診断報告書や検査書類のほか、被害車両の写真を添付し、衝撃の大きさを示した結果、被害者請求では14級の認定を受けることができた。その後の賠償交渉でも裁判基準を前提とした内容で示談ができた。非該当の場合と比べて180万円ほどの増額となった。

10代、男性、ケロイドによる下肢醜状痕
賠償額当初30万円
→解決額290万円(示談)
<既受領額を含めた総賠償額>350万円
詳細はこちら
等級14級
過失割合当方10:相手方90
交通事故形態道路を横断中に直進してきた車にはねられた。
ポイント治療終了後に相手からの示談提示が妥当か相談を受けたところ、本人の話から醜状痕の可能性が考えられたため、後遺障害の申請を助言したところ醜状痕による14級の認定を受けることができたため、賠償額も大幅に増額した

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・ご相談

連絡先 お問い合わせフォーム