後遺障害の申請方法

 後遺障害の申請方法は、2種類あります。相手の保険会社に代行してもらう「事前認定」と、被害者側で行う「被害者請求」です。
 代行してもらったほうが手続き的には楽ですので、「事前認定」は否定できませんが、迷われた場合は「被害者請求」とすべきです。
 「被害者請求」の場合、受傷の程度、症状の具体性を裏付ける資料を任意に提出できるため、適切な後遺障害が認定される可能性が高くなります。
 なお、一旦、事前認定で試してみて、良い結果が出なければ、異議申立てから、被害者請求に切り替えることも可能です。
 
 いずれにしても、後遺障害の申請のご相談・ご依頼のタイミングとしては、通院終了間際が望ましいので、通院終了間際で、重い症状が残されていると感じられている方は、ぜひ、一度、ご相談にきてください。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ・ご相談

連絡先 お問い合わせフォーム